WordPressのサイト内検索でカスタムフィールドを使おう。

ワードプレスのサイト内検索をカスタマイズするレッスンを行いました。

ワードプレスには標準で「サイト内検索」のウィジェットが用意されているので、
マウスでドロップするだけで簡単にサイドバーに検索欄が設置できます。

ところが標準のサイト内検索は、投稿ページ(ブログの記事ページ)と
固定ページ(ブログ以外のページ)のタイトルと本文しか検索できません。

ですから、カスタムフィールドで追加した「地域」「店舗名」「業種」など、
ワードプレス標準ではない追加項目はサイト内検索してもヒットしません。

そこで、フィルターフックを使ってワードプレスの検索処理に介入して
検索条件がカスタムフィールドに引きあたるようにロジックを変更すれば、
目的通りの検索システムができあがります。

PHPの基本構文とワードプレス専用のPHP関数を組み合わせるので、
そこそこ高度なプログラミング経験が必要ですが、

この領域に踏み込めるようになると、ウェブサイト制作の幅がグッと広がります。

コメントを残す