HTML5のアウトラインについてレッスンを行いました。

HTMLはタグが書ければOKというものではありません。
ひとつひとつのタグはウェブページ全体を構成する部品に過ぎないからです。

本当に大事なのは、ウェブページ全体の文脈が適切かどうかです。

HTMLが、クローラーやブラウザなどにどのように映っているかを確認する方法に、
「アウトラインを調べる」ことが挙げられます。

アウトラインとは、H1、H2などといった見出しを表すタグを記述した位置や、
HTML5で導入されたセクショニングタグが記述された位置との兼ね合いで決まる
「HTMLの構造図」のようなものです。

https://validator.w3.org/nu/

上記の検証ツールに、ウェブサイトのアドレス(URL)を入力すると、
ツールがそのページのHTML構造を解析して、
構文チェックやアウトラインの抽出を行ってくれます。

ウェブサイトを作成したら、上記のような検証ツールでアウトラインが適切かどうか
確認するようにしましょう。

コメントを残す