外注制作されたワードプレスをカスタマイズするレッスン

とある会社のWeb担当をされている生徒さんからのご相談で、ワードプレスのホームページをカスタマイズするレッスンを行いました。

海外製の高機能テーマをもとにして外注制作されたホームページということもあって、テーマ専用の設定項目が豊富で、「このホームページをいきなり任されたら誰だって戸惑うだろうな」という印象を持ちました。

海外製のテーマは、システムがしっかり作りこまれたものが多いので、HTMLやCSSの知識だけでなく、「テーマ専用の設定項目のうち、どこをどう設定したら、どのページのどこがどう変わるのか」を調べて理解する力が重要です。

今日のレッスンでは、

・テーマ専用の設定画面を探す
・ウィジェットと設定画面のつながりを推測する
・ディベロッパーツールを活用してHTMLとCSSの対応関係を把握する
・CSSの優先順位(カスケーディング)の仕組みを学ぶ
・PCとスマホのCSSを切り替えるメディアクエリの使い方
・Facebookページの設置
・Instagramフィードの設置

以上の7点を重点的に扱いました。

コメントを残す