ワードプレスの常時SSL化で役立つ知識

ウェブサイトを常時SSL化して通信を暗号化しよう

ウェブサイトの常時SSL化を行うには、3つの手順があります。

<手順1>
認証局からSSL証明書を発行してもらい、サーバーに証明書をインストールする。

<手順2>
.htaccessなどの設定ファイルによって、http~へのアクセスをhttps~へ転送する。

<手順3>
ウェブサイトの全てのHTMLから、SSL化されたサイト(自身のサイトを含む)を
指すリンク文字列を全てhttps~に変更する

という手順を行わねばなりません。

特に難しいのが手順3です。
ワードプレスの場合、HTMLはテーマやプラグインで生成されるので、
サイトによって具体的な変更箇所は異なります。

PHPの基礎知識や、プラグインがどのようにHTMLに影響するのかといった
体系的な知識が求められます。

ただし、固定ページや投稿ページなど記事の本文は
Search Regexというプラグインを使えば、

いわゆる「一括置換」ができます。

ところが、Searh Regexで記事本文を処理できるのは投稿ページと固定ページだけです。
全てのテーマに共通する投稿タイプはこの2種類だけだからです。

「商品」や「LP」などといったカスタム投稿タイプが組み込まれているテーマや、
Custom Post Type UI などのプラグインであとから追加した投稿タイプも一括置換の対象にするためには、Search Regexプラグインのプログラムをカスタマイズするしかありません。

ここはPHPの基本的な構文や、データベースを操作するSQL言語の理解が求められます。
方法だけ知りたい方は、以下の記事を参考になさってください。

▼Search Regexでカスタム投稿タイプを対象にする方法
http://mekemoke.jp/2014/11/1365.html

PHPのプログラムとSQLの知識があれば、安心して使える方法です。

制作実務でワードプレスを扱っている方は、知っておくと便利かと思います。

コメントを残す